2007年12月 2日 (日)

秋の抗州

数年ぶりに仕事で浙江省の抗州に行ってきました。

上海から抗州へ

本当は上海浦東空港からリニアモーターカーに乗ってみたかったのですが、
そんな時間もなく、高速道路で抗州へ。約3時間程度かかります。
経済成長の目覚しい中国のこと、5年も経つとかなり変わった印象があります。
高速道路沿いには、巨大な看板が建ち並んでいます(下左)。
前はこんなになかったのに。
下中の写真は、抗州に入ったところの料金所です。
そして、これは前も見たのですが、高速道路沿いには立派な
家が建ち並んでます。これって個人の住宅なのでしょうか?
前回はこのあたりは金持が多いからという説明でしたが...。

Free_way1 Free_way2House




 

西湖の景色

抗州と言えば西湖。古くからその景色は、皇帝や文人の憧れ
でした。そのため、抗州は中国随一の古都とのことで、国内の
観光客も多いそうです。

Lake2_2 Lake4

Lake1_3





上の写真は、宿泊したホテル(望湖賓館)から程近い白堤からの風景
です。白堤は、唐の時代にこの地の長官だった白居易(白楽天)が作った
とされる西湖の堤です。この季節はいつもそうなのか、ずっともやが
かかり、対岸もかすんでますが、それがまた何とも言えない風情を
見せています。湖岸に柳の木が並びたなびく様は、アジアの原風景
ともいえるものでしょう。

Tower Tower_base Lake8_2








上の写真は、湖の南岸に建つ雷峰塔です。元々、千年以上前に建造された
ものでしたが、今世紀前半に倒壊したものを、5年ほど前に近代的な塔と
して再建されました。倒壊した原因は、漢方薬の原料として人々が煉瓦を
持ち去ったためだとか...。本当でしょうか?塔の基部には昔の塔が保存さ
れています(上写真中)。この塔の上からの西湖の眺めも素晴らしいものです。
カメラではそれがなかなか伝わらないのが残念です。
ちなみに、この雷峰塔は伝説白蛇伝の舞台としても有名です。

浙江の省都  抗州

Morning1 Night1








抗州は西湖の東に発展した街です。繁華街を歩くと、大きなデパートが
建ち並び、夜遅くまで買いものなどを楽しむ若者が闊歩しています。
こんなところにも、中国の発展ぶりを感じました。若者のファッションを
見るかぎり、もう日本と違いはないですね。

抗州のお茶
実は、抗州と言えば西湖と並んでお茶が有名です。
特に竜井茶は中国随一の銘茶でる。西湖のほとりで生産される西湖竜井
茶は中国でも最も有名な緑茶といえるでしょう。
Tea3 Tea4 Museum Night3





中国の歴代皇帝も、この西湖竜井の香りを珍重しました。西湖から程近い
ところには、中国唯一の茶葉博物館があり、中国のお茶の歴史や数多くの
お茶の種類について学ぶことができます(上写真三番目)。また、街中には
多くのお茶屋さんがあります。是非味わってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

これはすごい!

じゃーん、新しい水槽でーす!Redfish1









...というのは嘘です。
今週は仕事で中国の抗州に行ってました。
これは抗州で泊まったホテル、「望湖賓館」のロビーの
パロット水槽です。
すごい赤ですね。こんなのはじめてみた。
7階のレストランには円筒の水槽もありました。
Redfish6









いやー、どうやって色揚げしてるのか知りませんが、
いかにも中華っていう感じです。
「望湖賓館」は抗州の有名な景勝地、西湖の畔にあるちょっと
高級なホテルです。

Lake_view_hotel

抗州は5年前にも行ったことがあるのですが、たった
5年でも若者のファッションなどかなり進んだ感じで、
今の中国の経済発展ぶりを見せつけられました。
街の様子など、次回から少しずつご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)