2012年11月18日 (日)

Vineにmoebuntuを入れたけど...

また日経Linuxネタで恐縮ですが、12月号でmoebuntu(萌えぶんちゅ)という
プロジェクトが紹介されてます。
詳しくは、 http://moebuntu.web.fc2.com/ でぇ〜す。
とまあ、なんか、いい親父が変なノリになってますが、ご想像のとおり、
ubuntuの見た目を萌え萌えにしちゃうというものです。

ubuntu向けとはいえ、ホームページには、Fedoraを萌え萌えにしてmoedora
しちゃおうという方法も載っています。
さて、この方法でVine6.1も萌え化できるのだろうかということで、試してみました。
その結果、Fedoraとほとんど同じ手順でできるようですな。
あのね、あくまで、デスクトップやログイン画面ののテーマの変更について興味が
あったからやったんですよ。ところが、デスクトップがこんなんになっちまいました。

Moescreenshot_3

うヒェー、アイコンまでハート付きみたいになってる。とても家族にみせらんね〜。
さすがに、grubの起動画面とかの萌え化はやめておきました。

ちょっと真面目な話をしますと、ログイン画面(gdmかな?)の背景は、
   システム>システム管理>ログイン画面
で可能なのですが、テーマは変えられないようです。
というわけで、moedoraで紹介されている方法は...
まず、テーマのファイル(Moe-Pink.tar.gz とかMoedPinkLoginIcons.tar.gzとか)
を/tmpに置いた上で、
 $ su -c "cp /usr/share/applications/gnome-appearance-properties.desktop /usr/share/gdm/autostart/LoginWindow/"
を実行します。そして、ログアウトすると、ログイン画面で外観の設定画面が
出てきます。そこでログイン画面のテーマなどを変更し、用事が済んだら、
 $ su -c "rm /usr/share/gdm/autostart/LoginWindow/gnome-appearance-properties.desktop"
で消しておきます。なるほど、こんな技があるんですねえ。また一つ利口に
なりました。

というわけで、上述のごとく、私のVine6.1も萌え化して、

Vimoelinux_logo
になっちまいました。一日我慢して使ってみましたが、全体ピンクだし、実に
落ち着かんです。いやはや...
まあ、ご興味がありましたらお試しを。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

squidで、特定のURLへのアクセスを他のsquidサーバーに転送する

squidって非常に高機能なんでしょうけれど、その設定は非常に厄介ですな。
今回の備忘録はこんな内容です。

今使っているsquidサーバーは192.168.100.1とします。ここで、URLに例えば、.hogehoge.co.jpまたは、IPアドレスで、172.16.*.*が含まれている場合は、192.168.100.2のsquidからアクセスして、その結果を転送してもらいたい。

要するに、特定のURL範囲について、他のsquidサーバーにフォワードしたいというようなことです。まあ、最近のブラウザですと、プロキシの自動設定ファイル(PACファイル)を読み込むというような機能がありますので、それなりのPACを作れば、同じ事はできます。でも、もし、192.168.100.2のsquidに外部から直接アクセスできないような場合は、PACでは無理ということになります。
随分特殊な状況だなあ。まあ、とにかく、備忘録という事で書いときます。

squidには、サーバー同士が情報を融通し合う、ICPという機能がありますので、それを使います。

まず、元のsquid(192.168.100.1)のsquid.confに次の内容を書きます。書く場所は、適切なセクションにしてくださいね。順番等ありましょうから。
まず、アクセスコントロールリストを作ります。
  acl to_hogehoge1 dst 172.16.0.0/16
  acl to_hogehoge2 dstdomain   .hogehoge.co.jp

192.168.100.2をICPの親(parent)に指定します。
  cache_peer 192.168.100.2         parent   3128  3130  proxy-only

上で作ったaclをparent(192.168.100.2)に送ります。
  cache_peer_access 192.168.100.2 allow to_hogehoge1
  cache_peer_access 192.168.100.2 allow to_hogehoge2

このような設定だと、すべてのアクセス要求が、parentに転送されてしまいそうにも思いますが、そんなことは無いようです。parentじゃなくてsiblingでも良さそうなものですが、それだと、sibling側のcacheに情報がない場合は、応答してくれないような感じでした。

parent(192.168.100.2)側のsquid.confにも、以下のような設定をして、ICPへのアクセスを許可する必要があると思います。

  acl home-net src 192.168.100.0/24

  icp_access allow home-net

こんな設定でいいのかどうかわかりませんが、私のところではうまくいっているようです。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

え〜そのパソコン捨てちゃうの!というわけでlinuxマシンが増殖中

前回は家のPCのことを書きましたが、今回は職場で私が使っている連中の話題です。
我が家でもそうでしたが、近頃、WindowsXPがプリインストールだった時代のPCが、次々と引退してます。もう、メモリー1GByte程度では、アップデートを繰り返したXPなんて、遅くて使い物になりませんからねえ。ぼちぼち、Vistaマシンなんかも廃棄リストに載ってきてます。

職場でLAN管理などをやっている私の場合、ユーザーから相談を受けるのですが、遅くて仕事にならなければ、やはり最新のマシンをオススメするしかないですね。かと言って、Linuxなら快適に動くだろうな〜、というマシンのオンパレード。結局、引き取ることになり、気がつけば周りはLinuxをのせた引退PCだらけになってしまいました。

何かの参考になるかも知れませんので、今日はそいつらをご紹介しましょう。/proc/cpuinfoからbogomipsも比較してますが、これはbogoというだけあって、あくまで大まかな目安です。良い子は真似をしないでね。

Simg_0979

右は、今の私のメインマシンで、EPSON Endeavor LX7900です。退職した上司から譲り受けました。元々、Turbo linuxインストールマシンでしたが、Emacsもインストールできないなんて...ということで、今はVine linux 6.1(32bit)で使ってます。スペックは、
 model name : Intel(2055520kR) Core(TM)2 Duo CPU     E8400  @ 3.00GHz
 bogomips : 5984.82 + 5983.80
 メモリー:2Gbyte
という感じです。私のマシンとしては、メモリーが大きい方なので、安定してますよ。
左は、富士通の古いサーバー機、CELSIUS 670です。UltraSparcの後継機として納入されたという、華々しい経歴を持ってます。サーバー機だけあって、ガタイがでかいです。XEONチップだそうですが、今となっては平凡なマシンですね。今は、おもにWebサーバー機として使ってます。これもVine linux 6.1マシンです。
 model name : Intel(R) XEON(TM) CPU 2.40GHz
 bogomips : 4810.00
 メモリー:1.5GByte

Simg_0978

最近保護したマシンです。HP Compaq DX7400 Small Form Factorという高そうなPC。でも、メモリーは1Gbyteという情けなさ。前の飼い主は、このマシンで数年間、Windows VISTAを使っていたというから、驚きです。でも、CPUは結構いい数字出してますね。
 model name :Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     E6550  @ 2.33GHz
 bogomips : 4655.08 + 4654.98
 メモリー:1Gbyte
このマシンには、VIne linux 6.1の64bit版をインストールしてみました。

Simg_0980

こちらは、DELL Dimension 5150Cという、DELLにしては変わったデザインのマシンです。CDのところの蓋が上に開くようになっているのですが、こういう変な可動部があるマシンって、ビビリ音がしたりして良くないですね。bogomipsは結構いい数字を出してますが、メモリー容量が情けないので、ぼちぼち廃棄かなあ。
 model name : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
 bogomips : 5984.12 + 5984.73 (2processor)
 メモリー:512Mbyte

Simg_0981

こちらは、富士通 FMV-E8210という大きめのノートです。いわゆる、富士通のビジネス機というやつですね。ノートのくせにRC-232Cを持っているので、計測などに利用しています。電池は、とっくに逝っちゃってるので、そのまま持ち運びはできません。
 model name : Intel(R) Pentium(R) M processor 1.73GHz
 bogomips : 3457.91
 メモリー:1.2Gbyte



Simg_0983

IBM ThinkPad X40のそろい踏みです。小型なので、持ち運びが出来ればと思うのですが、やはりバッテリーがだめですね。片方は、大容量バッテリーが付いているのでまだマシかな。この2台、外観は同じようですが、実はCPUの速度が微妙に違います。
左の方は、
 model name : Intel(R) Pentium(R) M processor 1000MHz
 cpu MHz : 600.000
 bogomips : 1196.15
 メモリー:1.2GB
右の方は、
 model name : Intel(R) Pentium(R) M processor 1100MHz
 cpu MHz : 600.000
 bogomips : 1196.19
 メモリー:768Mbyte
CPUの速度が違うのに、bogomipsは一緒ですね。それに、なぜか、両者とも600MHzでしか動いていない。BIOSではちゃんと設定しているのに、何でだろう?
今は使い道がないですが、出張の時にでも持ち出しますかねえ。

というわけで、私の職場も引退した老兵達の「隠居所」となっています。それぞれ、linuxならまだ使えるマシンなのですが、そんなに使い道はないし、電気使用料の問題もありますから、処分しちゃったほうがいいのかなあ。でもねえ、つい気の毒で...

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

新しいパソコン!...老兵たちはどうしたの?

妻にせっつかれて、とうとう新しいパソコンを買ってしまいました。

Sp1010003_2ジャーン!!
DELLのXPSTM8500でーす。CORE i7でメモリー8Gという、私にとってはモンスターマシンです。動画編集をしている妻が、XPマシンの遅さにブチ切れ(だってメモリー1Gだもん、無理だよ)、ヤマダ電機に行って、結局コレになりました。「通販で買ったほうが安いんじゃない?」と進言したのですが、「まだるっこしいわ」と言われて。幸い、支払いは妻のクレジットカードになりましたが。



Sp1010004

一体、こんなマシンでLinuxを動かしたらどうなるんだろう?というわけで、VMware playerでVine6.1を動かしてみました(32ビット版ですが)。CPUを4つ割り当て、/proc/cpuinfo を見たら、bogomips 6800くらいのCPUが確かに4つ出現していましたよ。Linuxのインストールは、こいつが引退するまで待つとしましょう...



新しいものが来れば、押し出されて去っていくものがあるというのは、世の常でございます。それがこちら。

Sp1010001

DELLTM DimensionTM 3000 です。購入したのは2005年の4月ですから、7年あまり使っていたことになります。メモリーは1G、でWindows XP のプリインストールでしたが、やはりどんどんトロくなり、最後は「動画編集ができん!」と、妻に罵られる日々。今は、XPの呪縛から開放され、Vine Linux 6.1搭載で、家での私のメインマシンとして生まれ変わりました。/proc/cpuinfoによると、
 model name    : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
 bogomips    : 5984.92 + 5984.84
何と、 2CPUですから、決して遅いマシンというわけではないですね。VineのGNOME2だったら、ぜんぜん快適に動きます。しばらくは、私と一緒に余生を送りましょう。

さて、これの前に引退したマシンも健在です。

Sp1010002

DELL Dimension 4300Sです。すでにメモリーの増設もままならず、512Mで頑張ってました。今は、Dimension 3000 に席を譲って、こんな床の上に置かれてますが、今でも外部からのアクセスのためのサーバ(いわゆるDMZですな)のために、働いてもらってます。ちなみに、

 model name    : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 1.70GHz
 bogomips    : 3389.32
ちょっとトホホなスペックですが。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへにほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

cdrecordが簡単になってる!!

備忘録:  cdrecordが簡単になってる

linuxのディストリビューションをインストールするときなど、起動用のCDを作成したりしますね。大体は、ISOファイルを持ってきて、CD-Rなど(今はDVDのほうが多いかな)に「焼く」という事をするわけですが、私、これにすごい苦手意識あります。どういうわけか、GNOME向けのCD/DVDアプリケーションのBraseroなんて、まともにできたためしがありません。ドライブかメディアが悪いのかも知れませんが、終了予定時間1時間以上とか言われた挙句、何で途中で止まっちゃったりするんでしょ...。
で、最終的によく使っていたのがcdrecordというコマンドなのですが、これが以前は面相臭かった。どんなふうかと云いますと、まず、
 #cdrecord -scanbus
とやって、CD-Rとかのドライブ番号を探す、そして、
 #cdrecord -v speed=4 dev=0,0,0 kerokero.iso
みたいな感じです。...面倒くさい
ところが、先日、Joli OSのisoをcdrecordでCD-Rに焼こうとしたところ(すでにBraseroでCD-Rを一枚無駄にした後ですが)、まずcdrecord -scanbusでエラー。途方に暮れてしまいました。で、色々調べたところ、今は、単純に
 #cdrecord kerokero.iso
だけでOKなんですね。なんか、裏でwodimというプログラムが動いて、適当なドライブも探してくれるし、書き込み速度なんかもよきにはからってくれるみたいです。書き込みも、「本当かよ!」と思うほどのスピードで、あっという間でやってくれました。実にすばらしい!

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

gnome-terminal で複数のタブを開く

備忘録
gnome-terminalを起動するときに、複数のタブを開き、それぞれに
working directoryとタブタイトルを設定する。

例えばこんな感じです。 ↓

Gnometeminal_2

まず、~/.bashrc の最後に
  unset PROMPT_COMMAND
を追加します。PROMPT_COMMANDがセットされていると、--title
オプションが有効にならないみたいです。

gnome-terminalを次のように起動します。
  gnome-terminal --window --working-directory=/home/kero/ドキュメント/ --title=ドキュメント --tab --working-directory=/home/kero/ビデオ/ --title=ビデオ --tab --working-directory=/home/kero/ミュージック/ --title=ミュージック

終わり。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

ついにOperaが!

LilnuxのOperaも12.00にバージョアンアップしましたが、
何が嬉しいって、やっとOperaが

XMLHttpRequest Level 2のCross-Origin Resource Sharing
に対応してくれた!!

ことです。あまりの嬉しさに文字飾りてんこ盛り。
なんでこんなに待たなくてはならなかったのでしょうねえ。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

UNICODEだからってutf-8とはかぎらない...ってこと?

Vine linuxも標準のLANGがUTF-8になってしばらく経ちました。もう、JISやら
Shift-JISやらEUCやらで苦労したことなんて忘れかけておりますが、プログラ
ミングの世界ではまだ色々あるようで...
Perlは、たしかバージョン5.8からUNICODE対応になった(内部で扱う文字列が
UNICODEになったということ?)だったかと思います。でも、何も指定しないと、
文字列はbyteで扱われますから、例えば、以下のコードでは、

----------------------------------------------------------
#!/usr/bin/perl

$string = "日本語ABC";
print "「日本語ABC」の文字数:",length($string),"\n";

-----------------------------------------------------------

単に「日本語ABC」の文字数を表示するだけのプログラムですが、実行結果は

----------------------------------------------------------
「日本語ABC」の文字数:12
----------------------------------------------------------

と、多分バイト数が勘定されて、正しい結果になりませんね。
そこで、"use utf8;"を指定すると、

----------------------------------------------------------
#!/usr/bin/perl

use utf8;

$文字列 = "日本語ABC";
print "「日本語ABC」の文字数:",length($文字列),"\n";

-----------------------------------------------------------

こんなふうに、日本語の変数が使えたりしますし、実行結果も

-----------------------------------------------------------
Wide character in print at ./perl_test.perl line 6.
「日本語ABC」の文字数:6

-----------------------------------------------------------

文字数に関しては、6と正しくなっていますね。これは、単純に"use utf8;"の
御利益というわけですな。ところが、
   "Wide character in print at ..."
ってえのは一体何なのでしょう?そこで、
  http://www.rwds.net/kuroita/program/Perl_unicode.html
などを拝見しますと、これは、perlの内部的にUTF8フラグがついた文字列を
printしようとした時に出る警告とのこと。
どうしてそういう発想になっちゃうの??...と思うのですが、きっと何か
Perlの事情があるんでしょう。
これの一番簡単そうな対処法は、"binmode"というのを使って、

----------------------------------------------------------
#!/usr/bin/perl

use utf8;
binmode STDOUT,":utf8";

$文字列 = "日本語ABC";
print "「日本語ABC」の文字数:",length($文字列),"\n";

-----------------------------------------------------------

これで標準出力に関しては警告は出なくなります。
要するに、「"use utf8;"をするときはbinmodeも入れる」と...
よーく覚えておこうっと。

さて、この問題は、内部的に文字列がUNICODEとして扱われていても、どういうふう
にencodeして入出力するかは知らんということなのかと思います。
過去、SWI-Prologでも似たような経験があります。
ある日、SWI-Prologを使っている上司から、
「日本語を含むルールファイルを、コマンドラインで読み込ませるとちゃんと処理する
のに、CGIで起動すると結果が文字化けする」
という相談を受けました。
色々調べてみたところ、結論はこうでした。
    (→ http://www.swi-prolog.org/man/widechars.html)
  ○SWI-Prologも内部的には文字列をUNICODEで扱っている。
  ○でも、ファイルのencodingに関しては、LANG環境変数で判断している。
  ○CGIではLANG環境変数が定義されていなかったので、byteで処理してしまった。

私、UNICODEやutf-8で大喜びしていましたが、実はそんな単純な問題じゃないんですね。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村
IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

ブラウザはいろいろあるけれど...

ブラウザにも色々ありますが、なかなかこれという決め手
がないもんですね。あくまでもlinuxの話ですが。

Firefox
Vineではこれが標準のようですが、タブを片っ端から開けると
重いこと、重いこと。涙が出てきます。マシンパワーがあれば
いいのですが...

Chromium
以前から、Vine plusにありましたので、しばらく使っていたんで
すが、Vine6でバージョンアップしてからかな?Xmarksでのブッ
クマーク共有の挙動がおかしいです。おかげで、サーバーの
ブックマークがぎしゃぎしゃになってしまいました。
VIne6になって、本家google-chromeのrpmもインストール
できるようになりました。でも、やっぱり沢山タブ開くとなんか
重い。

Opera
大量にタブを開いたときは、すごく速いですね。表示のカスタ
マイズ機能も豊富だけど...でもめったに使わないですよね。
困ったことにXmarksは未対応?職場、自宅で6台ものマシン
を使っている身としては、ブックマークの共有は必須なのです。
まあ、速さは捨てがたいので、Opera Syncで使ってます。
Evernoteも正式には対応してないですよね。それから、
クロスドメインスクリプトにも何とか対応してほしい。

というわけで、いずれも一長一短で、結局はOperaにしてます。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

Operaさまあ〜 

XMLHttpRequest Level 2 を実装してくださいよぉ!

サーバーから Access-Control-Allow-Origin ヘッダー送ってるのに
クロスドメイン制限を回避できないんです!!

他に何か手はないんでしょうかねえ。

今日はこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)