« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年11月4日 - 2012年11月10日 »

2012年10月26日 (金)

VineのThunderbirdが不安定になっちゃった

さて、非常に進化したVine6.1を楽しんでおります。随分前は、RedHatやDebianなんかと比べても、日本語環境linuxの草分けだったのですが、その後もコンパクトなまま、発展してくれているのが本当に嬉しいです。

などと、思っていましたが、先日、apt-getでThunderbird(Earlybirdなのかな?)をバージョンアップして16.0.1にしたら、職場のマシン、家のマシン共にThunderbirdの起動が不安定になってしまいました。コマンドラインから起動すると、Segmentation faultが起きて落ちます。不思議なことに、何回か、しつこく起動すると、しばらくは動くこともあります。メモリー周りの不具合なんでしょうかねえ。それとも、拡張機能やプラグインとの相性がいかんのでしょうか。BTS(バグトラッキングセンター)にも上がっていて、x86_64でも同様の症状があるみたいですね。

先日書きましたように、Thunderbirdは、Sylpheedと比べて、IMAP関連のエラーが無くて、とても良かったのですが、どうしましょう。すぐに直して貰えそうにないし。
というわけで、本家から thunderbird-16.0.1.tar.bz2 を持ってきて、インストールしました。インストールといっても、展開してできるThunderbirdのバイナリを実行するだけです。Vineの方をアンインストールするとか、そういう必要は全くありません。設定や、フォルダ構成もちゃんと前のままになります。アイコンは、展開後にできるchromeというディレクトリにあります。

というわけで、本家Thunderbirdのランチャーをパネルに追加し、今は問題なく使ってます。Vineの方のThunderbirdは...気長に待ちますかね...。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年11月4日 - 2012年11月10日 »