« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »

2011年11月22日 (火)

黒いトランスルーセントとブエノスアイレス・テトラ

先日、黒いトランスルーセント・グラスキャットが一匹いると書きました
が、どうやらこれは黒化個体というもののようです。どこかのショップ
のホームページでは、珍しいもののような扱いになっていました。

こんな感じです。

20
右下の方にいますが、明らかに黒いですよね。いつ紛れ込んだのか、
以前の写真なども調べてみたのですが、はっきりしません。わりと最近
気づいたので、10月に購入した3匹の中のものかも知れません。でも、
店では普通に見えたけどなあ。珍しいものならそれも良いのですが、
増殖できるわけでもないし、なぜか目玉が両方とも取れちゃってる(!)
みたいなので、長生きはしないかも知れませんねえ。

こちらは別の水槽ですが、

37
前の写真もそうですが、最近、ブランチウッドにアヌビアス・ナナ・プチ
を縛りつけるのにはまってます。なかなかオシャレですよ。まあ、その
うちコケコケになってしまうかも知れませんが。アヌビアスの場合は、
時々、葉を一枚一枚指で掃除するくらいの管理が必要なようです。
それから、この写真ではとても見にくいのですが、尾の真ん中が黒くて
両端が赤いのがおりますが、これはブエノスアイレス・テトラというんだ
そうです。
もう少しピントのあった写真は...

54_2

こんな感じのテトラです(上の二匹はアカヒレですが)。よく行くショップ
で、時々珍しいものが入荷するところがありまして、ついついこういうの
を買ってしまいます。以前のソコロフィ・テトラなんてのも同じ店でした。
珍しいといっても、一匹150円なんていう値段でしたから、きっと人気
がないんでしょうね。その名のとおり、アルゼンチン原産だそうです。
そんな所にもテトラっているんですね。見たところ、きわめて元気だし、
頑丈そうで、エサも貪欲によく食べます。ガラス蓋にこびりついたエサ
にまで飛びついて食べるような連中です。
このテトラ、よくよく調べてみますと、10cmとかになるみたいだし、大半
の水草を食べてしまうという、困ったやつだそうです。たしかに、トリート
メント水槽のアンブリアはかなり食べられた形跡がありました。でも、今
のところ、アヌビアスとミクロソリウムは食べられていないようです。

相変わらずどれも混沌水槽で、一体ゴールはどこにあるんでしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »