« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011年10月23日 (日)

Vine linux 6: updatedbを毎日ちゃんと動かすには

備忘録: Vine linux  6では、cronによるupdatedbが動いていないみたいだ。その対策です。

まず、/etc/updatedb.conf の以下の行

 DAILY_UPDATE=no

のnoをyesに変更。

次に、/etc/cron.daily/slocate.cron の最後の行、

 /usr/bin/updatedb -f "$nodevs"

 /usr/bin/updatedb

に変更(つまり、-f オプション以下を消します)。
なんか、slocate.cronが余計なことをやっているようですな。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xfceのthunarというファイルマネージャがなかなか良いです

Gnomeが重いということで使い始めたxfce、といっても、あれこれ動かすと結構もたついたりするのですが、xfceに入っているファイルマネージャのThunarというのが、なかなか便利な機能をもってます。...実は今月号の日経Linuxでも紹介されているんですが。

その便利な機能というのは、ファイル名の一括変更機能でございます。
まず、Thunarがどんなものかといいますと...

Change_file_name2_2

見た目は、こういう何の変哲もないファイルマネージャなんです。ひとつのファイルだけを選択して、「ファイル名の変更」をしても、小さなテキストボックスが現れるだけです。
ところが、複数のファイルを選択して「ファイル名の変更」をやると...

Change_file_name2_3

このような、「複数のファイル名を変更します」というダイアログボックスが出現します。注目していただきたいのは、下の方の部分です。Thunarでは、選択したファイル名に、一括して文字列を置換、挿入したりできるのです。この画面では、なんと、JPG画像ファイルに記録されている、撮影日時をすべてのファイル名の先頭に付け加えています。
私は、常日頃から、デジカメ写真のファイル名なんて、日付と時間が一番と思っていましたので、この機能、非常に感動です。

−−−ここでご注意:デジカメの時間って、電池が切れてるとリセットされてたりしますよね。そうすると、撮影日時が全部 19700101-8:59:59 とかになってしまい、撮影した時の自分の無精さにとても腹が立つというか...

これは、撮影日時を挿入しただけなので、元々デジカメが付けた番号(P1150062みたいなもの、大体はアルファベットと数字の8文字のようです)が残っていて邪魔ですね。これも、同じ「複数ファイルの名前変更」機能で消去できます。

Change_file_name1_2

この画面では、-P以下のデジカメの付けた文字列を消去していますが、なんと、正規表現が使えるのです。ここでは、「-P.{7}」とやって、-Pとその後の7文字を指定してます。置換後が空欄なので、消去ということになるわけです。これも非常に便利な機能ですね。

このThunarというファイルマネージャ、こんな隠し機能がある上にとっても軽いし、xfce以外の方にもおすすめです。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »