« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010年12月 3日 (金)

OpenBlockS 600に無線LAN(USB)を接続する方法

ーー>12月7日に下記よりも真っ当な方法について書いてます

非常にピンポイントな情報なので、役に立つかどうかわかりませんが、備忘録として。

OpenBlockS 600は、Plat'Homeが販売しているマイクロサーバーです。手のひらサイズ
ながら、非常に高性能なマシンです。OSは、元々はSSD/Linuxという独自のディストリ
ビューションですが、最近は600DというDebianを搭載したバージョンもあります。
  -> 詳しくは、http://openblocks.plathome.co.jp/products/600/ をどうぞ。
私は、数台のOpenBlockS 600を機械制御実験用に使っています。サイズは本当に小さ
くていいのですが、有線LANケーブルの取り回しが繁雑で、せっかくの小ささが活かされ
ていないなあと思っていました。そこで、ネットワークの無線化をやってみました。
私のところでは、以下の手順でうまくゆきましたが、本当に正しいのかどうかはわかりま
せんので、ご参考まで。

機材:
OpenBlockS 600 は、0.5-RELEASE-20100911以上のファームウェアが必要。
コンパクトフラッシュからブートする場合も手順はほぼ一緒。
無線LANは、メーカーでの動作が確認されている Corega CG-WLUSBNM を使用。
(USB接続の小型LANアダプタ、価格は1500円くらいです)
  ->http://openblocks.plathome.co.jp/support/hwcompat/obs600.html

この無線LANアダプタを600Dで利用するには、8712uというカーネルモジュールが必要
ですが、これは多分元々の600Dの状態では含まれていません。あるとしたら、
 /lib/modules/2.6.29/kernel/drivers/net/wireless/8712u.ko
です。無い場合は、Plat'Homeのサポートページから kern.tgz というアーカイブをダウン
ロードする必要があります。現在の最新ファーム(0.5-RELEASE-20101118)の場合ですと、
  ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBS600/0.5-RELEASE-20101118/powerpc-obs600/binary/kern.tgz
になります。
このkern.tgzを、ルートディレクトリで展開します(もちろんrootで)。
  #tar zxvf kern.tgz
これには、たくさんのドライバが含まれていますが、このままではgzに圧縮されたままな
ので、
  #find lib/modules/ -type f -name "*.ko.gz" | xargs gzip -d
として、さらに展開します。  ...実際、必要なのは8712u.koだけなのですが。
コンパクトフラッシュブートでない場合、これではram diskに展開されただけで、リブート
したら消えてしまうので、次の手順でFlash ROMに保存しておかなくてはなりません。
コンパクトフラッシュからブートしている場合は不要です。
/etc/flashcfgの最後に
    /lib/modules/2.6.29/kernel/drivers/net/wireless/8712u.ko
を書き込み、
  #flashcfg -s /etc/flashcfg
を実行します。これでリブート後も8712u.koが消えずにすみます。

あとは、次のコマンドを /etc/rc.local に書き加えるだけで動きました。

  /sbin/ifconfig eth0 down
  /sbin/insmod /lib/modules/2.6.29/kernel/drivers/net/wireless/8712u.ko
  /sbin/ifconfig wlan0 up
  /sbin/iwconfig wlan0 essid kerokero-id
  /sbin/ifconfig wlan0 192.168.10.236 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.10.255
  /sbin/route add default gw 192.168.10.1

若干説明しますと、
1行目は、既存の有線LANであるeth0を無効にしています。無線(wlan0というデバイス
名になります)とeth0が同じアドレスだったりする場合、使わないeth0は無効にした方が
いいと思います。
2行目は、無線のモジュールの組み込みです。この状態で /sbin/iwconfig をやると、ちゃ
んと無線LANがwlan0として認識されていることがわかります。
3行目で、wlan0をアップしています。これをしておかないと、多分次のessid設定が失敗
します。 ...ここは、私、かなりはまりました。
4行目で、接続するアクセスポイントのssidを設定しています。アクセスポイントでWEPな
どの認証を使っている場合は、そのkeyもここで設定する必要があると思います。
5行目でIPアドレスなどを設定しています。もし、DHCPでアドレス等を取得するならば、
    /sbin/dhclient wlan0
とかでもいいです。
6行目はデフォルトルートの設定です。これはもちろんrc.confの内容に従ってすでに設
定されているはずですが、私の場合その後eth0をダウンしてしまっているので、デフォ
ルトルートも消えてしまっていました。このままだと、サブネット内としか通信できません。

rc.localも、このままでは再起動時に消えてしまうので、もう一度
  #flashcfg -s /etc/flashcfg
を実行して、Flash ROMに保存しましょう。

私の場合、いずれの600Dも以上の手順で無線LANが動作しましたが、本当はrc.local
ではなく、もっとこういう設定をするべきところがあるのかも知れません。たとえば、
/etc/rc.confのような。でも、モジュールの読み込み順序とかも、からんできますよね。
それから、600Dのweb設定画面では、無線LANの設定とかはできないようです。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

塩浸温泉

出張で鹿児島に行ってきました。

Sma330097

富士山静岡空港にて、行きはピンク色のFDA機でした。












Sma330098

帰りの飛行機までえらく時間があったので、鹿児島空港から
近い、霧島の塩浸温泉に寄ってきました。
坂本龍馬とお龍さんが新婚旅行に来て、一緒に入った温泉が
ここらしいですよ。
今年は龍馬伝もあったし、お客さんは増えたでしょうね。








Sma330099

霧島温泉の手前ですが、山の中の静かなところですね。
もちろん温泉もあるし、足湯もあります。
面倒くさいので私は入りませんでしたが。










Sma330100

龍馬さんは、寺田屋事件で負った傷の療養に来たそう
ですが、鹿児島からここまで歩いてきたんだろうか。
何か、かえって、体こわしそうだ。










Sma330101

坂本龍馬の資料館もあります。入らなかったけど。
龍馬伝の撮影の衣装とかがあるらしいです。
でも、何で「この世の外」なの?
なんで?...なんで??









Sma330102

このあと、霧島温泉にも足を伸ばしましたが、やっぱり
面倒くさいので温泉にも入らず...
一体、何しに温泉行ったのか...

というわけで、帰りは青いFDAでした。
何のこっちゃ。
さつま揚げたくさん買ってきた。あれ、ちょっと高いけど
おいしいですよね。

しょーもない旅行記だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »