« 恐るべし、外国産グッピーの疫病 | トップページ | OpenOffice3.1.1 --> 3.2 で変わったこと »

2010年2月13日 (土)

Vine5.0 OpenOffice3.1.1から3.2へのアップグレード

なんかやっかいだったので備忘録

Vine5.0の場合、
  # apt-get install openoffice.org
でインストールされるOpenOfficeはまだバージョンが2.4.1と古いものです。
というわけで、本家のOpenOffice3.1.1日本語版をインストールしています。

最近、3.2がリリースされたとのことなので、そちらにアップグレードすることにしました。
ちなみに、OpenOfficeのヘルプメニューに「更新のチェック」というのがありますが、「最新です」となったり、接続に失敗したりでした。これでインストールできたとして、linux版でもうまくいくのだろうか?

ということで、手動でダウンロード、アップグレードをすることにしましたが、すくなくともlinux版OpenOfficeではその手順が不明。README_jaにも書いてないし、オフィシャルサイトにも見当たりません。インストールについては
  http://wiki.services.openoffice.org/wiki/JA/Documentation/Administration_Guide/Linux
というのがあるのですが...。

結論としては、
本家のRPM版(私の場合はJREなし) OOo_3.2.0_LinuxIntel_install_ja.tar.gz をダウンロードして展開後、
  # cd OOO320_m12_native_packed-1_ja.9483/RPMS
でRPMSディレクトリに入り、
  # rpm -Uvh *.rpm
  # cd desktop-integration
  # rpm -Uvh openoffice.org3.2-freedesktop-menus-3.2-9472.noarch.rpm
これで、目出度く3.2にアップグレードされ、デスクトップメニューにも登録されました。
今のところ不具合はないようです。
本当は、
  apt-get remove -s openoffice.org*
で古いバージョンを全部消し、インストールディレクトリである /opt/openoffice.org と /opt/openoffice.org3 も消してから、新規インストールというのが正しいのかも知れません。

|

« 恐るべし、外国産グッピーの疫病 | トップページ | OpenOffice3.1.1 --> 3.2 で変わったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152716/47552198

この記事へのトラックバック一覧です: Vine5.0 OpenOffice3.1.1から3.2へのアップグレード:

« 恐るべし、外国産グッピーの疫病 | トップページ | OpenOffice3.1.1 --> 3.2 で変わったこと »