« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »

2009年1月 9日 (金)

vmware player の仮想ディスクを大きくしました

私はVine linux 4.2でvmware playerを使っています。ゲストOSはWindows XPですが、Windowsというのはいつの間にか容量が大きくなるようで、仮想マシンを作成したときに設定した10GBではかなり苦しくなってきました。WindowsXPの場合、こうなるといかに整理しても何ともなりません。というわけで、仮想ディスクの容量拡張を行ないました。ところが、これがまた一苦労...でした。

vmwareの仮想ディスクの本体は、vmdkというファイルで、実際10GBのサイズを確保したならばこのファイルの大きさも大体10GBになってます。これを大きくするために、vmware-vdiskmanager というvmwareのユーティリティーがあります。ところが、このvmware-vdiskmanager はvmware playerには含まれていないのです。これを入手するには、vmware server(無償ソフトです)に含まれているものを使うのが一番手っ取り早いようです。というわけで、vmware server(2.0)のRPMをvmwareのサイトからダウンロードしましたが、これをインストールしようとすると、vmware playerと競合するので、先にvmware playerをアンインストールしなければなりませんでした。面倒くさい!

   --このままvmware serverに乗り換えようかとも思いましたが、少なくとも私のVine linux4.2では、RPMインストールできてもvmware-config.plで何か失敗しているようで、起動すら出来ませんでした。

とりあえずvmware serverをインストールして、

/usr/bin/vmware-vdiskmanager だけを自分のディレクトリにコピーし、vmware serverをアンインストール、vmware playerを再インストールします。実に面倒くさい!!!

幸い、vmware-vdiskmanagerは、vmware serverをアンインストールしても単体でちゃんと動きました。仮想ディスクの拡張は、以下のようにすればできます(結構時間かかりますが)。

       vmware-vdiskmanager -x 20Gb winxp.vmdk

さて、これで一件落着かと思うとさにあらず。この拡張した仮想ディスクをvmware playerで起動してみると、20GBのCドライブが出来るのではなくて、今までと同じ10GBのCドライブと、新たに10GBのDドライブという構成になっちゃいます。何てこった!!!!

これを一つのドライブに統合しようとすると、パーティションマジックのようなソフトが必要になります。ただ、WindowsXPにはdiskpartというコマンドライン版のパーティション拡大ユーティリティーがあります。ところが、このdiskpartは、Windows OSシステムが格納されているパーティション(要するにCドライブ)は拡大できません。何てこった!!!!!

結局、とんでもないウラワザを使って、diskpartによりパーティションを結合することはできました。もう面倒くさいので詳しくは書きませんが、

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/577diskext/diskext.html

をじっくり読んでみて下さい。本当にこのウラワザにはお世話になりました。

何ごともなせばなるもんだとは思いましたが、実に面倒くさい。vmwareさん、是非もう少し簡単な方法を供給してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

xfy Blog Editorを入れました

xfy BLog Editor はジャストシステムの製品ですが、非商用ならば無料で配布されています。Javaアプリケーションなので、Linuxでも動きます。どんなものかと、試しにインストールしてみました。はっきり言って、「本当に無料でいいの?」というくらいすごいソフトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »