« コリドラス・エメラルドグリーンというコリドラスじゃないもの | トップページ | がんばれ! 南米ウィローモス! »

2009年1月26日 (月)

EF-500というまるで機関車みたいな名前の外部フィルター

これはエーハイムのEF-500というまるで電気機関車みたいな名前の外部フィルタです。先日、30×30×40水槽のフィルターを、EX-60からこれに交換しました。これも衝動買いのようなものです。この製品、クラシックのようでクラシックではないのですが、何かナゾの製品です。クラシック2213と似たようなスペックで、インペラーなどの部品も2213と共通のものが多く、2213のろ材コンテナ無し版みたいな感じですが、値段は2213よりかなり安いです。もっと小さな2211よりも安いです。EFはエーハイムフィルターの略みだいだけど、EFと付くのはこの500だけでシリーズと言うわけでもなく、クラシックとかエコとかプロフェッショナルみたいな名前ももらえず、何かぽつんとある感じの製品です。いわゆるエコノミータイプってやつでしょうか?カタログでは、ビギナーが "かんたんセットアップ" 出来るフィルターとなってますが、それならろ材くらいつけてあげらばいいのに。ちなみに、私はEX-60から引き継いだサブストラッププロレギュラー入れてます。容量はたっぷり3リッター以上ありますから、ろ材を別に買えばかなりの値段になっちゃいます。

使った感じでは、流量もちゃんとあるし、悪くないです。エコと比べてすこーし音があるような気がしますが。

|

« コリドラス・エメラルドグリーンというコリドラスじゃないもの | トップページ | がんばれ! 南米ウィローモス! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152716/43858453

この記事へのトラックバック一覧です: EF-500というまるで機関車みたいな名前の外部フィルター:

« コリドラス・エメラルドグリーンというコリドラスじゃないもの | トップページ | がんばれ! 南米ウィローモス! »