« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006年12月17日 (日)

リモートI/Oのすぐれもの

TCP/IPに対応したリモートI/Oをいろいろ探していたのですが、最近エム・システム技研さんという会社を知りまして、機器を購入してみました。
前にHIOKIさんの「すぐれもののデータロガー」を紹介したのですが、これはリモート入力の方はすごいのですが、出力ができないという難点がありました。出力というのは、接点とかDA変換とかですが、わたしの場合、ネットワーク上のPCからソケットプログラミングでコマンドを飛ばして、モーターを動かすとか、その回転数を制御するとかそういうことがしたかったわけです。
ということで、エム・システム技研さんのR3シリーズを試してみました。
R3_serise (写真の転載ごめんなさい >エム・システム技研様)

これは、入出力を組み合わせていくというモジュール式のもので、他社でも同じようなものは多々あるのですが、入出力の種類が豊富で、わたしの制御したい機械(製茶機械なのですが)については、このシリーズでほとんどOKと思います。事前にPDFのマニュアルや仕様などを手に入れることができるので、よく調べれば購入してみて失敗ということもないでしょう。
通信ユニットも色々とそろっています。わたしの場合、Ethernetなのですが、これもModbus/TCPという通信ユニットがありまして、本当にリモートPCから通信できるかどうかが不安でしたが、ソケットプログラミングもとても簡単でした。通信の二重化(一方の通信がエラーとなったら、別系統の通信で計測・制御する)もできます。実際の製造現場ではこれも重要なのでしょう。人命にかかわることもありますからね。
エム・システム技研さんのホームページは、製品情報の他にも計装に関する読みものなどもあって、非常にためになりますよ。
とにかく、リモートI/Oでいろんな計測や制御をしなきゃならんという方は、のぞいてみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »