« Vine Linux 4.0のUTF-8環境構築 | トップページ | リモートI/Oのすぐれもの »

2006年12月 3日 (日)

水槽の写真を撮りました

Img_0784sm_1 Img_0790sm_1

Img_0791sm_1






コトブキのDachs C60という60cmの細長い水槽です。これなら出窓に置けるし、フレームレスでとってもきれいな水槽です。フィルターは手持ちの外掛を両端に付けました。(そのため付属のガラス蓋が使えないのですが...。)
水草は入ってません。きれいなのを買ってきても、すぐにダメにしてしまうもので。難しいですね。そのかわりにというか、観葉植物を放りこんでます。今、水槽の左右で大きく育っているのはシンゴニウムという観葉植物です。とてもありふれたものですが、これが加温しているせいかとてつもなくよく育ちます。根はすでに伸ばせば1m以上ありましょうか。水草ほど綺麗なものではありませんけどね。

Img_0794sm_1 この観葉植物ですが、明らかに水質浄化に役立っているように思います。当然アンモニアや硝酸体窒素を吸収するはずですから。今、新しく小さなポトスを挿して試しています。
水草はどうもという方は試してみて下さい。インテリアとしても最適ですよ。



飼ってる魚は安いものばかりです。でも値段に関係なく可愛いものですね。

Img_0787sm_1 Img_0789smこれは、ロージーテトラという名前だったと思います。ピラニアも遠い親戚だそうで、たしかに食事時は大騒ぎしてます。





Img_0788sm

コリドラスは、いわゆる赤コリ、白コリ、青コリとやはり 安いのばかり。赤コリ2匹は前の小さい水槽からいるもので、結構大きくなりました。おじさんのような風格です。



Img_0786smImg_0793sm トランスルーセントグラスキャットです。これが前から一番飼ってみたかったのですが、3匹買ってきて1匹はすぐに死んでしまいました。本当に臆病な魚です。フィルターの近くの見えにくいところが定位置で、いつも探すのに苦労します。6匹くらいの群れにしてあげたいのですが...。


とまあ、お見せするのも恥ずかしい水槽ですが、結構楽しいですよ。

|

« Vine Linux 4.0のUTF-8環境構築 | トップページ | リモートI/Oのすぐれもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152716/12916724

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の写真を撮りました:

« Vine Linux 4.0のUTF-8環境構築 | トップページ | リモートI/Oのすぐれもの »