« bogomips比べ | トップページ | ジャックラッセルテリアのゆきです »

2006年3月21日 (火)

Thunderbird1.5のメッセージフィルタを安易に実行したら...

非常に快適に使っているThunderbird1.5ですが、私の不注意でこんなことがありました。
Thunderbird1.5のメッセージフィルタには、条件にマッチしたメールを特定のフォルダに移したり、マークしたりするだけではなく、指定した相手に自動的に転送する機能があります。こういう機能があるメールクライアントって他にあるのかどうかは知りませんが、私のようなズボラな中間管理職には非常に便利です。つまり、上司から届いたメールを自動で部署の人達に転送できるのです。(かくいう上司も大方その上からの転送なのですが。)
これで、以前よくあった転送忘れによる連絡不行届きも無くなり、こういうのがもっと早くあったらなあとしみじみ思ったのでした。
ところが先日、まったく別のメッセージフィルタルールを追加した折り、ちゃんと働くかなあと何の気無しに「いますぐ実行」でテストしてみたところ...
すぐには何が起きたか気づかず、何か処理が重くなって変だなーと思っていたところ、部屋に入って来てメールクライアントを起動した若い衆が悲鳴をあげました。
      「何か山口さんからのメールすごいことになっています!!」
そう、受信トレイに残っていた多くのメールが再び転送されてしまったのです。
それも数百はあったかも。
      「ごめんっ! とりあえず受け取ってやって」
結局、みなさんにひたすら頭を下げることになりました。
よくよく考えればあたりまえのことなのですが、メッセージフィルタの「いますぐ実行」にはくれぐれも御注意を

|

« bogomips比べ | トップページ | ジャックラッセルテリアのゆきです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152716/9197353

この記事へのトラックバック一覧です: Thunderbird1.5のメッセージフィルタを安易に実行したら...:

« bogomips比べ | トップページ | ジャックラッセルテリアのゆきです »