« 音楽携帯 | トップページ | JRTの写真です »

2006年2月15日 (水)

犬のしつけはむつかしい

当家にはジャックラッセルテリアという種類の犬(めす、もうすぐ一歳)がおります。ちょっと前にここでも写真を載せましたが。
これ、最近よくテレビとかで出てくる種類なのですが、映画「マスク」の犬といえばおわかりになるかも知れません。それほど大きくはならない犬なのですが、これが犬の犬たる良いところ、悪いところ、愛らしいところ、わがままなところ、傲慢なところ、凶暴なところを丸めて一つにしたようなある意味本当の「犬らしい犬」で、まあとにかく落ち着きというものがありません。家を飛び出したらどこに行っちゃうかわかりませんもの。
要するに、おおよそ初めての家庭で飼うような犬ではないのですが、女房、娘にせがまれてといったところでしょうか。わたし自身犬は好きなので、それはそれで可愛いのですが。
さて、やはり気になるのがしつけというやつです。本も結構読みました。本屋のペットコーナーで立ち読みしたり、女房が買ってきたり、娘が図書館で借りてきたりと色々なのですが、読んでるとちょっと考えてしまいます。どの本も総じて「しっかりしつけをしましょう」とか「犬になめられない飼い主になりましょう」とか同じことを言っていて(方法論はさまざまですが)、もちろんうるさく吠えて近所迷惑だとか初めての人や犬に噛みつくとか、そういうのは最低限いけないことなのでしょうけれども、各論になるとなんかピンと来ない感じなのです。
要するに元は狼で群れ社会の生き物だから、飼い主がボスでなければならんということなんでしょう。だから、遊びをせがんでうるさく吠えたら無視しましょうとか、散歩中にあんまり引っ張ったら叱りましょうとか。まあ要するに甘やかしちゃいかんと。で、一応なるほどと思ってやってみるのですが、そのうちに、そんな盲導犬みたいな素晴しく従順な犬になってほしいと自分が思ってるのかなあと考えちゃうんですよね。少なくとも書いておられる専門家の方々はそう思っているんだろうし、プロにはそうできるんだろうけれど。でも、こいつは動いてるものを見たら追っかけたい犬だし、遊びたいときにはかまってほしい犬だよなあ、と考えちゃって、もうこれでいいんじゃないのかなあと。
まあ、確実に言えることは、それでうやむやにしてしまうダメ飼い主ということです。
小学生の娘は私よりずっと真面目で、マニュアル通りに行かないとすごく傷つくみたいです。というか、まずマニュアル通りにはなりません、あの犬は。そのたびに
「サキちゃん、この子はこんな犬なんだからこれでいいんあじゃないのかなあ」
となぐさめるのですが。

今日も遊びたくなると、寝ころんでテレビを見ている私に向かってケ−ジの中からおもちゃのぬいぐるみやボールを放り投げて来ます。これが彼女にとっては大事な遊びなんですよね。相手にしないと吠えるけど、無視してみたってなんかこっちも楽しくないし。散歩のときも一緒に走ってやるのが一番楽しそうです。でもテリアに引っ張られて走ってる貧相な中年オヤジは、はたからどう見られてるんだろうと気にはなるのですが。
一度広いところで思いっきり走らせてやりたいもんです。
    という犬に飼い慣らされてしまった飼い主でした。

|

« 音楽携帯 | トップページ | JRTの写真です »

コメント

こんにちは、はじめまして<(_ _)>フェアリーママです。私のお友達のジャックラッセルテリアのベックンも、とても賢いですよ~。とても頭が良い犬種だと思います。それにとても可愛い!!耳が反対側にぺチョってなりませんか?私はアレに弱いです。また、お写真見せてくださいね~(*^。^*)

投稿: フェアリーママ | 2006年2月15日 (水) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152716/8667000

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のしつけはむつかしい:

« 音楽携帯 | トップページ | JRTの写真です »